ナチュラルチーズの旬

実は、ナチュラルチーズには旬があった!

チーズは基本的に保存食というイメージがあり、いつでも食べられると思うのですが、実は旬があるということを知っている人はあまりいません。 もし今後お店で売っている品揃えを観察してみると、季節によって少しづつ変わっていることに気が付くかも知れません。

 

ご存知のとおりナチュラルチーズは牛、山羊そして羊などの乳で作られていますが、それらが育つ地域や餌となる草の種類によって味が変わります。 言われてみれば当たり前ですね。 牧草として最適なのは3〜5月と言われていて、一番栄養価も高く、これによって良質な乳が採れるということです。 その後の5〜6月、8〜9月も3?5月に次いで良い牧草と言われています。 どの牧草を食べたかによってチーズのできが違い、味にも変化が表れます。

 

山羊と羊は出産時が乳がとれる時期ということになりますので、採りたての乳で作れる季節も限定されるということになります。 やはり採りたて乳で作られたチーズは味も一段上です。

 

ナチュラルチーズの旬というと大げさなのかも知れませんが、味や風味、色合いなどは明らかに違ってきますので、一番美味しい季節を狙ってみるというのも、ツウの楽しみかもしれません。

 

また、熟成期間によっても味が変わると言われています。 ちょうどいい時間を置かれたチーズはやはり美味しくなります。

夏が旬のチーズ

モッツァレラ

言わずとも知れた有名なチーズです。 食感とミルクの甘さが楽しめる味わいが人気です。 食感を求めるなら牛乳で作られたもの、ミルクの甘さや味を楽しみたいなら水牛で作られたものがおすすめです。

 

 

ブリア・サヴァラン

モッツァレラと同じく白いチーズです。 やわらかくてペースト状で口の中で溶けてしまうような食感です。 酸味が好きな人にはうってつけです。 ブリア・サヴァランというのはフランスの美食家の名前だそうです。

 

 

ミモレット

これは硬いチーズです。 コクのあってカラスミに似た風味が楽しめます。 熟成期間が短いものは柔らかい物もあります。 1?2年熟成させたものが一般的です。

 

秋が旬のチーズ

ブルー・ドーベルニュ

フランスの中央山岳地帯で作られている濃厚なコクがあるブルーチーズです。 塩分が多いため、はちみつやジャムで食べることも多いです。

 

 

トム・ド・サヴォア

脂肪分が少なく、カロリーを気にする人にもおすすめです。 素朴な味わいがあり、ミルクの香りも感じます。

 

 

ヴァランセ

ピラミッド型の黒いチーズです。 フランス・ロワール地方で作られています。 ブドウの木の灰をまぶして真っ黒な外見になっています 灰自体にも意味があり、酸味を中和し、カビを定着させる役目を持っています。

 

冬が旬のチーズ

クロミエ

白カビタイプのチーズです。 古くから作られていたと言われています。 おとなしい風味と口当たりが特徴です。

 

 

フォンティーナ

イタリア産のチーズフォンデュによく使われるチーズです。 山で作られたチーズで、赤茶けた外見をしており、なんともいえない香りが特徴です。 この香りはモルジュという特殊な液体でブラッシングにてチーズを何回も洗うことで生まれ、チーズの風味と合わさって美味しさを更に高めます。

 

 

スティルトン

英国のチーズと言えばスティルという人もいる有名なブルーチーズです。 ブルーチーズにしては食べやすく、ゴルゴンゾーラより味わいが深いのが特徴です。